青汁ガイド TOP -> 基本情報 -> 青汁の形状

青汁の形状

粉末タイプ(顆粒タイプ / 乾燥タイプ)

青汁を乾燥させた後、粉末にしたもので、現在最も普及しているタイプです。
栄養価は液体の青汁とほぼ変わりませんが、飲みやすい味に加工されているものが多く、青汁特有のクセが苦手という方におススメです。
一回分ずつ個別包装されているので、持ち運びしやすく、いつでもどこでも飲むことが出来ます。

水や牛乳などに溶かす手間は多少ありますが、保管が簡単に便利です。
ヨーグルトにかける、お菓子やお料理に使うなど、自分なりに気軽に栄養補給することが出来ます。
価格は他のタイプに比べて安いものが多くあります。

冷凍タイプ(液体タイプ)

最も一般的な製法で作られた青汁です。
搾りたての青汁をそのまま冷凍しているので、青汁特有の青臭さやクセが残り、飲みにくさはありますが、鮮度は抜群です。
他のタイプよりも栄養素が凝縮されています。
本格的な青汁を飲みたい人向きです。

解凍したものをそのまま飲むタイプと、解凍した後に水などを加えて飲む濃縮タイプがあります。
濃縮タイプは水などで薄める手間がかかりますが、冷凍庫の保存場所をあまり必要としません。
外出先への持ち運びが難しく、お値段は少々高めです。

サプリメントタイプ(錠剤タイプ)

青汁を凝固させて、飲みやすい錠剤型にしたものです。
水などで錠剤を飲み込むだけなので、口の中に青汁独特の苦みが残りません。
持ち運びに便利なので、外出時でも手軽に飲むことができます。
栄養価は冷凍タイプや粉末タイプのものより若干劣りますが、最も気軽に飲めることから主流になりつつあります。

フリーズドライタイプ

青汁を急速凍結させ、真空状態で乾燥させたものです。
インスタント食品のように、水やお湯で戻して飲みます。
高熱処理を加えていないので、青汁の栄養素はそのまま摂取することが出来ます。
粉末タイプと同様、手軽に飲むことが出来ます。

ジュースタイプ

ペットボトル内に液体状で保存されている青汁です。
野菜ミックスジュースのような味で、ジュース感覚で美味しく飲むことが出来ます。
青汁独特のクセがない飲みやすいものが多くあります。

ジェル状タイプ

ジェル状のスティックタイプに個別包装されたもので、持ち運びに便利です。
水や牛乳に溶けやすいだけでなく、そのまま飲むことも出来る手間いらずの青汁です。
ジャムやドレッシング感覚で、パン、アイス、ヨーグルト、サラダなどにかけて気軽に摂取することが出来ます。
最も新しいタイプの青汁です。

人気青汁はこれだ!青汁の人気ランキングはこちら

その他の記事

pagetop