青汁ガイド TOP -> 基本情報 -> 青汁に含まれるビタミン

青汁に含まれるビタミン

青汁には豊富なビタミン類が含まれています。
当然ですが、青汁の原材料や製法、形状などによって、含まれる栄養素や量は違います。
また過剰摂取によって問題を引き起こす栄養素もありますので、偏らず、バランスよく摂ることが必要です。

ビタミンは、ミネラルと同様、私たちの生命活動や健康維持に絶対に必要な栄養素です。

ビタミンA(レチノール)

ビタミンAが不足すると、視力低下、夜盲症、成長障害などの症状が表れます。
なお、βカロテンは、体内に入るとビタミンAに分解されます。

推奨摂取量は、男性 850μgRE/日、女性 700μgRE/日です。
※耐用上限量 2700μgRE/日

ビタミンD(カルシフェロール)

ビタミンDが不足すると、くる病、骨軟化症、冬季うつ病などの症状が表れます。

目安摂取量は、5.5μg/日です。
※耐用上限量 50μg/日

ビタミンE(トコフェロール)

ビタミンEが不足すると、貧血、歩行困難などの症状が表れます。

目安摂取量は、男性 7mg/日、女性 6.5mg/日です。
※耐用上限量 男性 900mg/日、女性 700mg/日

ビタミンK(フィロキノン、メナキノン)

ビタミンKが不足すると、鼻血、月経過多、血液凝固などの障害などの症状が表れます。

目安摂取量は、男性 75μg/日、女性 65μg/日です。

ビタミンB1(チアミン)

ビタミンB1が不足すると、脚気、ウェルニッケ脳症(意識障害)などの障害などの症状が表れます。

推奨摂取量は、男性 1.4mg/日、女性 1.1mg/日です。

ビタミンB2(リボフラビン)

ビタミンB2が不足すると、口角炎、口内炎、角膜炎などの障害などの症状が表れます。

推奨摂取量は、男性 1.6mg/日、女性 1.2mg/日です。

ビタミンB6(ピリドキシン)

ビタミンB6が不足すると、貧血、口角炎、皮膚炎などの障害などの症状が表れます。

推奨摂取量は、男性 1.4mg/日、女性 1.1mg/日です。
※耐用上限量 男性 60mg/日、女性 45mg/日

ナイアシン

ナイアシンが不足すると、皮膚炎、下痢などの症状が表れます。

推奨摂取量は、男性 15mgNE/日、女性 12mgNE/日です。
※耐用上限量 男性 350(85)mgNE/日、女性 250(65)mgNE/日

パントテン酸

パントテン酸が不足すると、免疫力低下などの症状が表れます。

目安摂取量は、5mg/日です。

葉酸(ようさん)

葉酸が不足すると、貧血、消化器障害、胎児の神経管欠損などの症状が表れます。

推奨摂取量は、240μg/日です。
※耐用上限量 1300μg/日

ビタミンB12(コバラミン)

ビタミンB12が不足すると、貧血、神経異常などの症状が表れます。

推奨摂取量は、2.4μg/日です。

ビタミンC(アスコルビン酸)

ビタミンCが不足すると、貧血、壊血病などの症状が表れます。

推奨摂取量は、100mg/日です。

人気青汁はこれだ!青汁の人気ランキングはこちら

その他の記事

pagetop