青汁ガイド TOP -> 原料別効果 -> 緑茶(青汁)の効能とは?

緑茶(青汁)の効能とは?

緑茶の青汁とは、他の緑黄色野菜の青汁に緑茶をプラスした青汁のことです。
有効成分を豊富に含んだ緑茶が、緑黄色野菜の青汁特有のクセを抑えます。
まろやかさで飲みやすい青汁です。

ポリフェノールの一種で、緑茶の渋み成分であるカテキンには、様々な有効性があります。
体脂肪を燃焼させ、余分な脂肪を減らす効果があります。
ダイエットにもつながりそうですね。
強力な抗菌作用があるので、細菌やウィルスに対する免疫力をつけることが出来ます。
口臭を抑え、虫歯、風邪やインフルエンザを予防に効果的です。

また血中コレステロール値を低下させ、動脈硬化を防ぐ働きもあります。
血圧の上昇を抑制し、高血圧の予防にもなります。
血糖値上昇を抑える効果もあり、糖尿病の予防にも有効とされています。

そして、強力な抗酸化力があり、発がん性物質の働きを抑える働きがあります。
生活習慣病の予防やアンチエイジングにも効果的と言われています。
さらに、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEとの相乗効果で、その抗酸化作用がアップします。

緑茶の苦み成分であるカフェインの覚醒作用はよく知られていますが、その他、利尿作用や判断力や記憶力を高める効果もあります。
アミノ酸の一種で緑茶の甘み成分であるテアニンには、リラックス効果があることがわかっています。
お茶を飲んで心が落ち着くのはこのテアニンによるものです。

緑茶にふくまれるフラボノイドは、強い抗酸化作用をもつポリフェノールの一種です。
殺菌作用だけでなく、血行を促進し、発がん物質の働きを抑制する作用があると言われています。

緑茶に豊富に含まれている各種ビタミンは身体の免疫力を高めてくれる効果があります。
ビタミンB2は、余分な脂肪を分解し、エネルギーに変換する作用があります。
動脈硬化や肥満の予防に効果的だと言われています。
また皮膚や髪の再生にも大きく関わっているので、ニキビや口内炎の予防にも効果があります。
ビタミンCは、メラニン色素の生成を抑えてシミを防ぎ、免疫力を高めてニキビを予防するなどいろいろな肌トラブルに効果があります。

緑茶に含まれるクロロフィル(葉緑素)には、殺菌や消臭効果があります。
その他には、ビタミンCとの相乗効果によりニキビを予防し、美しい肌を保つのに役立ちます。
また、小腸の有害物質を排出するデトックス作用があるので、クロロフィルのダイエット効果に注目が集まっています。
さらに緑茶のフッ素は虫歯の予防になりますよ。

人気青汁はこれだ!青汁の人気ランキングはこちら

緑茶青汁の人気ランキング

陽だまりのしあわせ青汁

陽だまりのしあわせ青汁

注目の明日葉
最近になって注目されてきている明日葉は、黄色い液体に含まれる「カルコン」という成分が健康にとても良いのだそうです。
このカルコンは糖尿病、アルツハイマーの予防、便秘、冷え症、そしてセルライトの改善にも効果的だということがわかってきたのです。
しあわせ青汁はこの「カルコン」効果に着目したからこそ使用しているのです。

原材料価格内容量1杯の価格評価
明日葉・大麦若葉・ケール・緑茶2,500円~3g x 60包42円
緑がおいしい青汁

緑がおいしい青汁

溶けやすい緑がおいしい青汁
青汁の多くはシェーカーが付いていて振って溶かすのですが、粉っぽさが残っておいしくないという商品もありますよね。
緑がおいしい青汁はパウダー状になっているので冷たいお水にサッと溶けてしまいます。
緑がおいしい青汁は溶け残りがなく、口の中で粉が残るようなことはありません。
それが緑がおいしい青汁はおいしいと言われる理由の一つなのです。

原材料価格内容量1杯の価格評価
ケール2,980円~4.3g x 30袋99円
ラヴィ・グリーン

ラヴィ・グリーン

ラヴィ・グリーンの中身
一言で「ラヴィ・グリーン」と聞いても「おしゃれな青汁?何が入っているの?普通の青汁と何が違うの?」と素材が気になりますよね。
この美容青汁の中には、通常の青汁に使われる「大麦若葉、緑茶、よもぎ」の他に美容成分として、「ツバメの巣、フラバンジェノール、そしてコラーゲン」が入っています。
通常の青汁と比べてもとても贅沢な青汁ですよね。

原材料価格内容量1杯の価格評価
大麦若葉・緑茶・よもぎ3,150円~30袋105円

その他の記事

pagetop