青汁ガイド TOP -> 原料別効果 -> ケール(青汁)の効能とは?

ケール(青汁)の効能とは?

ケールの青汁は、ケールを原材料とした青汁のことです。
代表的な青汁のひとつです。
ケールは、地中海原産のアブラナ科の野菜で、キャベツやブロッコリーの原種と言われています。
日本ではあまり馴染みがありませんが、ヨーロッパでは一般によく食べられる野菜です。

生命力が強く、緑黄色野菜の中でも栄養価が抜群に高いので、「緑黄色野菜の王様」「スーパー野菜」と呼ばれることもあります。
ケールの青汁は、現代の食生活で不足しがちな栄養分を摂るのに効果的な青汁と言われています。

ケールに豊富に含まれている各種ビタミンは身体の免疫力を高めてくれる効果があります。
ビタミンAは、視力を高め、夜盲症やドライアイを予防する働きがあります。
また、粘膜や皮膚を正常に形成する役割を果たすので、健康な胃腸の維持や潤いのある肌を保つのに必要です。

ミカンの約2.5倍も含まれているビタミンCは、メラニン色素の生成を抑えてシミを防ぎます。
免疫力を高めてニキビを予防するなど、いろいろな肌トラブルに効果があります。
ピーマンの約3倍も豊富なビタミンEは、細胞の老化を防ぎ、冷え性、更年期障害など女性特有の症状に役立つと言われています。
また、正常な心臓の維持に働き、血行を良くし、動脈硬化の予防や関節痛に効果があります。

クロロフィル(葉緑素)は、殺菌や消臭効果があります。
ビタミンCとの相乗効果によりニキビを予防し、美しい肌を保つのに役立ちます。
また、腸の有害物質を排出するデトックス作用があるので、クロロフィルのダイエット効果に注目が集まっています。

キャベツの約2倍も多く含まれている食物繊維は、腸内環境を整える働きがあり、便秘予防に効果的です。
それ以外にも、血糖値や血中コレステロール値の抑制する効果があります。

ケールの苦み成分であるスルフォラファンは、がんの予防に効果があるとされています。
辛味成分であるイソチオシアネートは、抗癌および抗菌作用があると言われています。
これらケールの苦さや青臭さの元となる成分は、生活習慣病予防にも有効と考えられています。

それに加えて、ケールはβカロテン、ビタミンC、ビタミンEなど抗酸化作用を持つ栄養素も豊富に含んでいます。
これら抗酸化物質は、細胞の老化を予防する働きがあるため、アンチエイジングに効果的と言われています。
その他、ミネラル類もバランスがよく豊富に含んでいますよ。

ケールの青汁は、一般的に苦くて飲みにくいと言われています。
しかし、最近のケールの青汁は、栄養価をそのまま残したまま様々な工夫がなされており、だいぶ飲みやすくなっています。
また苦さがほとんど気にならない錠剤タイプのものもあります。

人気青汁はこれだ!青汁の人気ランキングはこちら

ケール青汁の人気ランキング

陽だまりのしあわせ青汁

陽だまりのしあわせ青汁

安心の素材
ご家庭向けの青汁、しあわせの青汁ではどのような素材が使われているのか気になる方もいると思います。
4つの青葉が使用されているのですが、青汁で使われる定番のケール、大麦若葉を始め、昔からの日本人の元気の素である緑茶、さらに最近注目を浴びている明日葉が使用されているのです。
しかもその一つ一つの素材を国産にこだわって厳選しているので安心して美味しく飲むことが出来るのですよ。

原材料価格内容量1杯の価格評価
明日葉・大麦若葉・ケール・緑茶2,500円~3g x 60包42円
緑がおいしい青汁

緑がおいしい青汁

便通改善に役立つ緑がおいしい青汁
緑がおいしい青汁に含まれている「難消化性デキストリン」は、とうもろこしのでんぷんから作られた食物繊維です。
水溶性の食物繊維で食物繊維不足を補う目的で作られた特保です。
それが緑がおいしい青汁に入っているので食物繊維不足を補い便通の改善にも役立ちます。
緑がおいしい青汁を飲んで毎日排便ができるように促していくことができます。

原材料価格内容量1杯の価格評価
ケール2,980円~4.3g x 30袋99円
遠藤青汁

遠藤青汁

無添加・無着色の青汁
遠藤青汁の注目すべきポイントは、無添加・無着色であること!
健康と美容のために飲むのなら、体に良いものだけを取り入れたいですよね
。遠藤青汁であれば小さなお子様でも安心して飲んで頂くことができます。
さらに、遠藤青汁の主成分であるケールの栽培には、農薬も化学肥料も使っていません。
自然由来の力で、あなたの健康と美容をサポートします。

原材料価格内容量1杯の価格評価
ケール2,835円~200g85円(1杯6g換算)
あしたば青汁

あしたば青汁

オリゴ糖は善玉菌を活性化させます。
あしたば青汁に含まれているオリゴ糖には、腸内細菌の善玉菌であるビフィズス菌の働きを良くしてくれる効果があります。
ビフィズス菌は、オリゴ糖を餌にして酢酸というものを生成します。
この成分には腸内を酸性にする働きがあり、生活習慣病の元となる悪玉菌の住みにくい環境にし、消化や身体に必要な栄養素を作り出す善玉菌が働きやすい環境にします。

原材料価格内容量1杯の価格評価
明日葉・ケール・大麦若葉2,625円~3g x 30包88円

その他の記事

pagetop