青汁ガイド TOP -> 原料別効果 -> 桑の葉(青汁)の効能とは?

桑の葉(青汁)の効能とは?

桑の葉の青汁とは、桑の葉を原材料とした青汁のことです。
桑は日本各地に自生するクワ科の落葉樹で、桑の葉は古来より日本人の重要な作物のひとつです。
桑の葉はカイコの餌としてだけではなく、食用および薬草としても利用してきました。
漢方でも、古くから解熱などに用いられています。
青汁としてはあまり知られていませんが、桑の葉の青汁はケールやゴーヤーの青汁よりもクセがなく、飲みやすいと言われています。

特に注目されている成分は、デオキシノジリマイシン(DNJ)です。
デオキシノジリマイシンとは、ブドウ糖の類縁化合物で、食後の血糖値の上昇を抑制する、余分な糖分を体外に排出する働きがあります。
高血圧や糖尿病の予防、ダイエットに効果があると期待されています。

桑の葉には各種ビタミンが豊富にはいっています。
ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンEは、青汁の原材料として有名なケールよりも多く含まれています。

特に豊富に含まれているビタミンEは、細胞の老化を防ぐ「若返りビタミン」とも呼ばれています。
正常な心臓の維持に働き、血行を良くし、動脈硬化の予防や関節痛に効果があります。
生殖器官の問題にも有効なことから、不妊治療にも用いられ、冷え性、更年期障害など女性特有の症状に役立つと言われています。
また細胞のダメージを防ぐ働きがあることから、美肌効果も期待出来ます。

また、ビタミンB1は疲労回復に欠かせない栄養素です。
炭水化物、糖質を燃やす性質を持っているので、ダイエットに効果的です。

桑の葉は、私たちの生体に必要不可欠なミネラル類も豊富に含んでいます。
健康な骨や歯を形成するカルシウムも、酸素を全身の細胞に運ぶ鉄も、ケールよりを上まわる含有量です。
食物繊維も多く含んでいるので、腸内環境を整える働きがあり、便秘予防に効果的です。
それ以外にも、血糖値や血中コレステロール値の抑制する効果があります。

桑の葉には少量ですが、ギャバが含まれています。
ギャバは、γ-アミノ酪酸というアミノ酸の一種で、人間や哺乳動物の脳、脊髄に含まれています。
私たちの体内のギャバが不足すると、イライラしたり、不眠になったり、精神的に不安定状態になってしまいます。
このギャバには、脳や神経を落ち着かせるリラックス効果はもとより、血圧の上昇抑制する効果もあり、高血圧の予防に役立つと期待されています。

また、桑の葉はβカロテン、ビタミンC、ビタミンE、そして豊富なポリフェノールなど抗酸化作用を持つ栄養素も含んでいます。
これら抗酸化物質は、細胞の老化を予防する働きがあるため、生活習慣病の予防やアンチエイジングに効果的と言われています。

人気青汁はこれだ!青汁の人気ランキングはこちら

桑の葉青汁の人気ランキング

ふるさと青汁

ふるさと青汁

青汁でキレイを手に入れる
日々のデスクワークや日常生活のストレスで、女性のからだは疲れがちです。
こんな疲れたからだに優しくはたらきかけるのが、ふるさと青汁です。
ふるさと青汁の主成分はパワー満点の明日葉が使われています。
ふるさと青汁で使われて明日葉には、からだの不要な成分を外にはたらきかける、カリウムや食物繊維をたっぷり含んでいます。

原材料価格内容量1杯の価格評価
明日葉・大麦若葉・桑の葉3,591円~3g x 30包120円

その他の記事

pagetop